【SASSAFRAS/ササフラス】Over Grown Coat -Red-/オーバーグロウンコート-レッド-

着画(175cm 72kg)
前半/Lサイズを着用しております。
後半/Mサイズを着用しております。





【SIZE:サイズ】

M
肩幅/53.cm ※左右の肩を直線で測った長さ
肩幅/53.0cm ※襟の付け根の中心から肩まで測った長さ×2
袖丈/64.0cm
裄丈/90.5cm
身幅/63.0cm
裾幅/65.0cm
着丈/83.0cm
前丈/83.0cm
襟の高さ/10.0cm


L
肩幅/54.0cm ※左右の肩を直線で測った長さ
肩幅/54.0cm ※襟の付け根の中心から肩まで測った長さ×2
袖丈/66.0cm
裄丈/93.0cm
身幅/64.0cm
裾幅/67.0cm
着丈/85.0cm
前丈/85.0cm


平置きで採寸。
※肩幅:2通りで採寸しておりますのでお客様の正式な測り方で参考になさって下さい。
※身幅:左右の袖の付け根(脇下)を直線で測った長さ。
※裄丈(ゆきたけ):襟元の中心から袖先までの長さ。
※着丈:襟の後ろの付け根から後ろの裾まで測った長さ(後ろの着丈)。
※前丈:襟の付け根から前の裾まで測った長さ(前の着丈)。






[生地]

全天候型の生地。
ミリタリーウエアではお馴染みの「ウェザー」生地。
ウェザー=「天候」の名の通り全天候型として対応出来る生地として活用されており、
特徴は防水性にあります。

糸をたくさん使いギシギシに密度を濃く織り込まれている為に、
水分を吸収しにくくなっていますから雨の日は特にその特徴を実感出来ます。
また軽い事もこの生地の特徴と言えます。

裏地が付いておりませんのでインナーアウターで体温調節して頂けますから、
春(夏?)秋冬着用して頂けます。


高密度で織り込まれて頑丈でなおかつ軽い素材。
そして防水性も備わった全天候型生地。

どうでしょうか。
北海道地方のお客様で道北道東にお住まいの方は案外夏でも着れるかも知れません。

他の地域のお客様はちょっと信じられないかも知れませんが、
北海道はその土地によっては案外涼しいのです。
 

 

[デザインとシルエット]

SASSAFRASのデザインはどれもヘリテージ感があり
それをミックスしたモノになります。

今回のコートもシルエットは少しゆったり目で
インナーアウターを着用出来るサイズ感。
ただし大袈裟なオーバーシルエットにはなっておりませんから、
大人のお客様は安心して下さい。
実際に着てみると丁度良いですし、
程よいゆとりが重ね着にもストレスを感じず
またその余裕がシルエットに良さ(特徴)にもなっております。

長いシーズンに着て頂く為に重ね着を実現させる“ゆとり”と
シルエットを壊す様な過度なオーバーサイズを避け、
ギリギリのところでシルエットのクラッシュを回避し、
緻密に計算されたシルエットデザイン。

着丈もバランス良く175cmの私でLを着用して膝上20センチ弱の位置ですから、
ロングと言う程に長くはありません。バランスが非常に上手く作ってあります。


そして最大の特徴は裾に付いたビッグポケット。
バランスの良い身幅に対して裾に付いたポケットが
まるで下に向かって花が咲いた様なフォルム。
ポケットにマチを付けない事でその花も開き過ぎず派手にならない様に設計。

このポケットが付く事でデザインのアクセントになり合わせるパンツのシルエットも
タイト、レギュラー、ワイド、どれでもイケる様になっております。


ポケットのデザインは元々Leeのカバーオールの“左胸ポケット”からになります。
ボディはヨーロッパのミリタリーレインコートをベースにアレンジを加え
ポケットを装備しササフラスのテーマである「ガーデニングワークウエア」としての機能を果たしております。


素材を含めたハイテクなウエアも良いですし、
ササフラスの様に過去のウエアと素材から学び得られた知識を活かして
新たなデザインを生み出された物。

進化された物と過去の良品とコーディネイトする楽しみ方も一つです。




[オススメのサイズ感]

175cm 68kgの私でLを着用しております。
Mでも充分着用出来ます。
Mですと良い意味でのジャストフィットになります。

普段Sを着用しているお客様はMで少し大きいかと思いますから、
オーバーサイズがお好みでしたらMをオススメ致しますが
普通に着るのでしたら大きいかと思います。




[仕入れた根拠]

札幌アントニオロッドシアターを止めて、
ヒューズデンとして店舗の場所も移し引っ越した事で駅も近くなり
この秋冬は地下鉄通勤が増えました。

久しぶりに電車に乗ってみると気付いた事は皆さん、
ブラック、カーキグリーン、チャコール グレーなど
ダークトーンのアウターを着ている方が非常に多かった事です。



そんな時にササフラスの展示会で見た赤とベージュ。
なんだか凄く素敵で印象的でした。

赤は真紅と言うよりも「わずかに明るめの赤色」。朱色とは違います。
ベージュはカーキベージュなどミリタリーのベージュでは無く、
ふくよかでこれも明るめのベージュカラーとなります。

どちらの色も着ると表情が明るく見える様な色味です。



数年前と昨年とササフラスでオレンジカラーを扱いまして、
正直「評判が良かった!」とは嘘でも言えない反応ではあったのですが汗、
お客様の判断も「これ良い!好き!」か「いやぁ・・・(苦笑)」と反応の二極化で、
それでも日本全国各地、僅かでも今回のこの色を気に入って下さるお客様もいるはず!
と根拠のない希望を持っての事と、
やっぱり先の電車内の状況が大きく影響しました。
(そんな訳で今回はかなり少なめの発注です汗2)



あとはやっぱりデザインとシルエットです。
赤とベージュなら何でも良い、と言う訳では無く
着用した際のシルエットとデザインが2色とも良く
最後はやっぱり着た時に「格好良い」と思えたからです。









 Red
M
L39,000円(税込42,900円)
在庫なし
販売価格
39,000円(税込42,900円)
購入数