【SOWBOW】蒼氓-ソウボウ-/ONE PIECE collar shirts



brand/sowbow
product/sowbow shirts
fabric/chikugo-ori
color/white
size/SML
price/24,000(+tax)


Sサイズ
肩幅/46cm
袖丈/59cm
着丈/69cm
胸囲/54cm

Mサイズ
肩幅/48cm
袖丈/61cm
着丈/71cm
胸囲/55cm

Lサイズ
肩幅/50cm
袖丈/63cm
着丈/73cm
胸囲/56cm


【新鮮な空気を送り続ける〜楪〜】
楪(ゆずりは)。
あるいは譲葉とも書かれる事から「葉」をイメージした織柄。
福岡県は筑後地方の伝統織物「筑後織(ちくごおり)」
sowbowのオリジナルの生地になります。

春に若葉が出た後に古い葉がそれを譲るように落葉する事から、
それを親子に表し、
「親子互いに譲り合う、代々続くように」と
見立てて縁起物とされて来た葉が生地のイメージデザインソース。
遠目から見ると無地ですが近づくと織柄が確認できます。

40s〜50sの開襟(かいきん)シャツをsowbowチームのお二人が好んで着ていた事からデザインされたsowbow流の開襟。

ハワイアンなどのヴィンテージシャツなどを好む方ならご存知かと思いますが、
この頃のそれらは着用すると前身頃が上がってしまうものが多く
ジャストサイズを着ても前から見た際に短く感じることも少なくなかったはず。

そこで着用した際に裾の長さが揃うように
前身頃を少しだけ長めに設定してあります。
さらに生地を贅沢に使っておりますので
ボタンを二つ三つ開けて着た際の生地の裏側やステッチが
見えない様に配慮されており、
細かな点ですがその辺りをしっかりと解消されたデザインになっております。
背中が5センチのタックが入り、バックスタイルは丸みのあるシルエット。

ステッチは化繊のスパン糸を使っております。
理由は綿糸を使うと洗濯時に糸が縮んでしまい
肩やカフスの結合部分にパッカリングが起きてしまう為。
ワークシャツやミリタリーモノならそこが味になりますし経年変化として楽しめますが、こちらは綺麗な状態で着用して頂く事を目的としている為、スパン糸で縫製しております。

ボタンは「有田焼」
有田焼の工場(こうば)さんにオリジナルで作製しているもの。
型に入れ乾燥させ、竹串で穴を空けて一度素焼きに。

その後、釉薬(ゆうやく、うわくすり)を塗って再度窯焼きをして完成します。
これを一つ一つ全てを手作業で行なっております。
sowbowのシャツが量産出来ない理由がここにあります。

生地の名前は「ゆずりは」
楪、あるいは譲葉。
縁起物として伝えられる葉をイメージした織柄。
その筑後織であつらえたsowbow流の伝統の伝え方。

アメリカへの憧れも抱きつつもそのままデザインをコピーするのではなく、
日本のシャツらしさを出す為に着物の襟のような
抜き襟で着用するイメージでデザイン。

西洋のファッションにsowbowの考えるアプローチで
新鮮な空気を送り続けている一着です。
軽やかに着て頂ける事が何よりの伝えたい事です。

九州ブランドが自身の手法で伝統を伝える。
その姿勢は想像よりも決して堅苦しくなく、実に軽やかで自然体。
西洋と日本の伝統が融合させた彼らにしか出来ない新鮮な伝統。


 white(yuzuriha)
S24,000円(税込26,400円)
在庫なし
M
L24,000円(税込26,400円)
在庫なし
販売価格
24,000円(税込26,400円)
購入数