【SASSAFRAS】ササフラス/Digs crew pants

brand/SASSAFRAS
product/digs crew pants
fabric/back satin
color/olive
size/SML
price/26,400(tax in)

※175cm 68kgでLサイズを太めで着用。
サイズ選びやその他はご遠慮なくお問い合わせ下さい。


【サイズ】

Sサイズ
ウエスト/80.0cm
股上/29.0cm
股下/66.0cm
太もも/27.0cm
裾幅/17.0cm、15.0cm、13.0cm
※ジーンズで28〜29インチ相当を穿かれる方
裾幅はボタンで調整出来ます。


Mサイズ
ウエスト/85.0cm
股上/29.0cm
股下/67.0cm
太もも/29.0cm
裾幅/19.0cm、17.0cm、15.0cm
※ジーンズで30〜31インチ相当を穿かれる方
裾幅はボタンで調整出来ます。


Lサイズ
ウエスト/90.0cm
股上/29.0cm
股下/67.0cm
太もも/30.0cm
裾幅/20.0cm、18.0cm、16.0cm
※ジーンズで32〜33インチ相当を穿かれる方
裾幅はボタンで調整出来ます。

素材
コットン100%

カラー
オリーブ



【お値頃か否か】

ディグスクルーパンツも今年は4生地目。

サテンよりも光沢感が抑えられたバックサテンを使用。
見た目はツルッとしておりますが実際に触ると若干のガサつきがあり、
生地の頑丈さが伝わります。

ベーカーパンツなどに使われていた生地になりますから
馴染みもあるかと思いますが、
この手の生地とカラーはデザインとシルエットが
ブランドとしてのキモになって来ると思います。

デザインの特徴は前面のポケットと9分丈のレングスと絞れる裾(すそ)。
それらを上手くまとめている仕上げのシルエット。


レプリカブランドなどは非常に優秀で
生地と縫製とコスト面で1万円後半でかなり優秀なベーカーパンツなどの
ワークモノをリリースされています。
デザインはレプリカですから至ってシンプル。

ササフラスに関してはデザインとしてポケットを多用し
その為縫製の工程がとても複雑で多くなりまた生地の厚みの割に
細かく難易度が高い為に価格も2万円を越えておりますが、
それを差し引いても価値があるデザインとシルエットのまとめ方は流石のデザイン力です。


ボリュームのあるポケットをデザインとして取り入れる際に
気を付けなければならないのは、
子供服の様に可愛さが出ないようにする事。

それらを上手くまとめられているポイントが
前面ポケットの上下の長さとマチ、シルエットの調整です。

裾の調節はボタンで3段階に選べ遊べます。
裾を絞ったシルエットとストレートの状態を画像でご確認下さい。

かなりイメージが変わりますので、編み上げのブーツなんかを合わせてコンバット仕様に穿いても良いかも。



しばらくササパンツはブラック推しだったので今回は久しぶりにオリーブを。
ブラックも入れようか迷ったんですけど、今回はこの色1択で。

これまでササフラスのパンツはブラックカラーをおすすめしており、
今年の春でかなり定着してせっかく一年かけてここまで持って来れたので
商売的に楽をするなら引き続きブラックだったんですけどもね。

正直オリーブカラーのパンツはしばらくやらないつもりでした。
当初の決め事だと2年くらいは。

だから本当は扱うなら再来年くらいかなって考えていたんですけど、
理由としてはワークでオリーブカラーは”普通過ぎる“って事と今はセールス的に厳しい。
この2つ。

ただこのモデルのデザインとシルエットが本当に凄く良くって、
今年の春と夏で扱った時も評価が貰えました。
特にササフラスの事を良く知らないお客様からも非常に良いリアクションが貰えたんです。
ネームバリューで選ばないって理由、それが凄く良い。
(と言ってもササフラス自体は本当は全国区なんだけど)

だから20代の人達にオリーブカラーで格好いいパンツを見せたいなって言う事で、
古着でもなくレプリカでもなくベーカーやカーゴの定番も良いけど、
もっとデザインとシルエットが効いてるモノで
オリーブカラーのパンツを見て貰いたいなって。

それでこのモデルのオリーブカラーを穿いた時に凄く良かったんですね。

だから楽はしたいなぁと思いながら、
今回ブラックの予算を全てオリーブに使ってこのカラー1択で買い付けました。

 olive
S24,000円(税込26,400円)
在庫なし
M24,000円(税込26,400円)
在庫なし
L24,000円(税込26,400円)
在庫なし
購入数
Soldout